歯科助手資格取得方法

歯科助手は、歯科衛生士と違い、直接患者を触ることがありません。

ですが、歯科医師や歯科衛生士のサポートを行う立場として引く手あまたです。

未経験者でも歯科助手として働くことができますが、専門用語や医療器具、歯科に関しての専門知識を身につけてもらおうと日本歯科医師会が歯科助手に対しても資格を求めるようになってきました。

歯科助手の資格と言っても認定試験ですので、習得する必要もないといえばないのですが、歯科助手としての巣ごとのスキルを身に付けたか否かの証明にもつながりますので、できるだけ習得されることをお勧めします。

日本歯科医師会が主催する歯科助手資格に関しては、業務全般のスキルを身につける内容のほか、医療事務にわたるまでのレクチャーを受けます。

歯科事務などの技能や知識に関する初歩的な分野(乙種第二)であれば、40時間程度の講習を受けるだけで取得できます。

また治療室内での業務に関する分野(乙種第一)であれば、52時間の講習を受けます。

また甲種になると、歯科事務や治療室内での業務で更に高度な専門知識や技能スキルを習得するために400時間の講習を受けることになります。

乙種は歯科事務や治療室内の業務に関して第一・第二両分野の資格取得も可能で72時間程度の講習を受けることになります。

歯科助手資格の講習は各都道府県におかれている歯科医師会が行っていますので、詳細はお住まいの地域になる歯科医師会に問い合わせをします。

また、このような歯科助手の資格を認定している団体はこのほかにもあります。

たとえば、通信講座などでも歯科医療事務管理士という技能認定講習がありますので、通学型の講習が難しい場合は、在宅で勉強できる通信講座を用いてもかまわないでしょう。