ナンピンとは?

ナンピンは漢字で「難平」と書きます。

これは、株式などで購入した銘柄が相場の変動によって損益を発生してしまいそうな状況になった場合に、買い足すことによって損益を減らそうとする手法のことです。

一般的なイメージでは購入した株の価値が下落してしまった場合、買えば買うほど損益が大きくなってしまう印象もあります。

しかし必ずしもそうとはいえない面もあるのです。

たとえば1万円で購入した株が下落によって8000円になってしまったとします。

この段階では損益は単純計算で2000円となります。

しかし新たに買い足すことで株の平均購入価格を低下させることができるのです。

新たに8000円で買い足せば購入平均価格は9000円となります。

さらに買い足す割合を大きくしていけばいくほど平均が低くなってきます。

それによって損益を少しでも減らすことができるわけです。

また、買い足して平均価格を低下させた状態から株価が上昇に転じた場合、大きな利益を得ることができます。

その後1万2000円まで上昇した場合、1万円で買った段階よりもその後のナンピンによって9000円、8000円にまで平均価格が落ちていた場合の方が当然利益が大きくなるわけです。

もちろん、その後もどんどん株価が下落してしまった場合、あるいは経営破たんなどで紙クズのような価値しかもたなくなってしまった場合には、大きな損益を出してしまうことになります。

相場の動向や企業の経営状況をチェックしつつ活用すると便利な手法といえるでしょう。