髪 傷み 原因

髪が傷むということは、何も良いことはありません。

そればかりか髪の傷みからさまざまな問題に発展してしまうことの方が多いのです。

そうならないためにも少しでも髪の傷みを抑えるように心がけなければいけません。

そのためには、なぜ髪が傷むのかを知る必要があります。

髪が傷む原因はどこにあるのか、しっかりと覚えておきましょう。

髪が傷む原因にはさまざまなものがありますが、実はとても身近なところにも原因はあります。

シャンプーをするときに乱暴にこすると、それだけで髪は傷んでしまいます。

さらに無理なブラッシングや塗れたままのブローも、熱と摩擦によってどんどん髪が傷んでしまうのです。

このあたりは無意識にしてしまっている人も多いので気をつけてください。

急いでいるときはつい乱暴になってしまうかもしれませんが、その行動が髪を傷めてしまっているのです。

ドライヤーやホットカーラーの使用も、度が過ぎると髪を傷めてしまいます。

毛髪は加熱することによって水分が蒸発していくものなので、いつの間にか乾燥してパサついた状態になってしまいます。

パーマ、ヘアカラー、ブリーチは、ファッションで重宝している方が多くいますが、髪の傷みということで考えるとどれも大きなダメージを残してしまいます。

紫外線は水と合わさることによって、強く影響を与えるようになります。

髪が濡れたままで強い紫外線を浴びると、毛髪内部に損傷が起きてしまいます。

このように髪の傷みは原因がたくさんあります。

髪のことを大事に思うなら、これらのことを頭に入れてしっかりケアするようにしましょう。