柿渋石鹸の働きは?

体臭を減少させると注目を集めている柿渋石鹸ですが、「実際にどのような働きがあるのか分からない」という疑問は非常に多いようです。

現在人気上昇中の柿渋石鹸の働きについてご紹介しましょう。

〈柿渋石鹸“カキタンニン”の働き〉柿渋石鹸には柿渋の成分である“カキタンニン”が配合されています。

“カキタンニン”と聞くと少し聞きなれない言葉ですが、名前の後ろにあるようにカキタンニンはタンニンの一種です。

タンニンといえばワインやお茶でお馴染みの消臭効果のある天然成分であり、カキタンニンも同じく高い消臭効果を持っています。

この消臭効果から柿渋石鹸は加齢臭や体臭を減少させる働きを持っています。

〈柿渋石鹸“除菌”の働き〉柿渋石鹸は石鹸の持つ殺菌・除菌効果を持っています。

これは石鹸に含まれる界面活性効果が細菌の細胞膜を壊す働きにより細菌を殺菌・除菌するためです。

殺菌・除菌効果により、柿渋石鹸は細菌の繁殖による“汗の臭い”や“足の臭い”を減少させる働きをもっています。

〈柿渋石鹸“保湿”の働き〉カキタンニンには消臭効果に加えて、“保湿効果”を持っています。

通常の石鹸では皮脂を取り過ぎる事によって乾燥肌になってしまいますが、カキタンニンを配合した柿渋石鹸はカキタンニンの働きにより洗浄と消臭に加えて保湿する働きを持っています。