法定労働時間制とは?

法定労働時間制とは、そのネーミングのとおり、法律で定められている「一日8時間労働」「週40時間労働」という労働時間のシステムです。

この労働時間はマックスの時間なので、企業側は労働者をこの時間以上働かせる場合には、残業手当を払わなければいけないと決められています。

しかし、職場によっては「法定労働時間だけでは仕事が回らない」という事もあると思います。

特にサービス業や小規模な企業などでは、少ない社員が少しずつ労働時間を増やしながら、人件費の削減をしていることもありますよね。

そのため、法定労働時間制には例外が設けられています。

その職場で仕事をしている人の数が10人未満で、かつ商業・保健衛生業・映画や演劇業・サービス業など「変形労働時間制」が採用されている場合には、法定労働時間制で定められている時間を少し超えても良いとされています。

その場合には、週40時間という法定労働時間が週に44時間までとなっていますが、一日あたりの労働時間は最大8時間まで、という部分は変わりません。

企業の中には、自分自身で労働時間をある程度調整する事ができるフレックス制を採用していたり、労働時間管理は本人の裁量に任されている「みなし労働時間性」が採用されている所もあるようです。

企業ごとに分野や業種のニーズにあわせて労働時間を管理する事で、起業側にとっても労働者側にとっても大きなメリットになることも多いようですね。

労働時間の多様化はこれからももっと進んでいくかもしれませんね。