正しいシャンプーの方法

1日活動すると、人の頭皮には多くの付着物や皮脂などが貯まります。

こうした汚れなどを放置しておくと、やがて雑菌が繁殖をし始め、頭はかゆくなったり、フケや抜け毛が急に増えたりします。

そのため1日に1回はシャンプーしてきちんと洗髪することが必要となります。

正しいシャンプーを行うには、まず最初に自分の頭皮や髪にあったシャンプーを手に入れることから始めなければなりません。

インターネットサイトなどではさまざまな髪のタイプの判別ができるサイトなどがあるので、活用すると良いでしょう。

また薬剤師や医師などに直接相談するのも良い方法です。

さてシャンプーを行う前には準備としてブラッシングをします。

長い髪の場合のブラッシングは必ず髪の先の方から、少しずつ行います。

間違っても根元からブラシを入れて力任せにブラッシングすることは止めて下さい。

キューティクルがずたずたになってしまい、また抜け毛が増える原因にもなります。

ブラッシングが終わったら、ぬるま湯でざっと頭全体を流します。

この時。

必ずお湯が頭皮にも染み渡るようにします。

お湯の温度は38度くらいが良いでしょう。

こうしたぬるま湯での洗浄だけでもかなり効果があるものです。

ぬるま湯での準備洗いが終わったら、シャンプーを手に取り、お湯を加えて泡を立てます。

シャンプーの泡は頭全体に行き渡るようにします。

その後指の腹を使ってゆっくりと馴染ませるようにシャンプーします。

間違ってもこの時に爪を立ててはいけません。

また頭の頭皮を洗っているということを忘れないようにします。

洗い終わったら今度は軽く頭全体をマッサージします。

親指を除く4本の指でもみ上げるようにします。

特に強くする必要はありません。

洗った後はしっかりとすすいでシャンプーの成分が残らないようにします。

これで抜け毛はぐっと少なくなります。